東京ではどんな発毛方法が行われ受けられるかを解説します

東京の病院での発毛治療は個人の目的でどの治療を受けるかによって、選ぶ治療法も異なります。毛髪を増やすことや、現状維持、今ある髪を育てるなど目的が違うと病院で受ける治療法も違ってきます。現状維持だと薬を処方してもらい服用する方法が良いかもしれませんし、今ある髪を育てたり毛髪を増やしたいときには直接頭皮に治療をするほうが良いです。頭皮に治療を施す方法だとさらにいくつかの方法があり、自分の毛の植毛手術を受けるものや育毛メソセラピーを受ける方法があります。発毛治療といっても色々あるのでどの病院でどの治療を受けられるかを、先に確認しておく必要があります。薄毛の進行を阻止するためや、自分が受けたい治療はどの目的にあっているかなど色々情報を集めてから本格的に受けることをおすすめします。

東京の発毛治療方法や種類について

東京の発毛治療のひとつに薬を処方する方法があります。かつて薄毛治療は育毛専門会社がしていましたが、プロペシア承認後は医療機関でも処方されています。治療薬は内科や皮膚科、形成外科がある病院だと処方してくれますが、どこでも発毛治療をしているのではないため事前に確認がいります。病院の治療だと症状や体質により処方量が異なり、基本的に1日1錠のプロペシアが処方されます。半年ほど服用を続けて症状の経過を見ますが、患者の症状や体調を診ながらミノキシジルも併せて処方する病院もあります。ただ発毛治療では薬を飲めばよいというものでもなく、しっかりとした治療をするときには薬だけ処方する病院よりも患者の髪や頭皮の状態を検査してくれる専門のクリニックのほうがおすすめです。治療を続けていても悩みや不安はありますが、そんなときでも専門医の適切なアドバイスがあれば気分も違ってきます。頭皮や髪の治療以外にも、精神面でも色々サポートしてくれます。

東京の発毛治療の育毛メソセラピーとは

東京の発毛治療には薬の処方以外にも育毛メソセラピーもあります。これは専門の治療を行なっている医療機関でしている方法で、メソセラピーはもともと美容整形の分野で脂肪溶解剤を注射して脂肪を除去するものです。育毛メソセラピーとはそれを応用したものです。薬を直接頭皮の中に取り込むので、飲み薬よりもより高い効果が期待できます。治療薬のプロペシアやミノキシジルを頭皮の皮膚下に直接注入する育毛治療です。通常は飲み薬や塗り薬として使っている治療薬を、直に毛根周辺に入れるので有効成分行き届いて、髪を作る細胞の働きも活発化されます。これまでに内服薬や育毛剤などで効果を実感できなかった人も、一度は試してみる価値がある治療法です。数回育毛メソセラピーは行ないますが、頭皮や髪の毛に変化を感じるのは早い人だと治療開始から3ヶ月ぐらいといわれています。育毛メソセラピーは薄毛の進行状況によって治療期間も異なるので最初にクリニックとよく相談してからはじめるとよいです。