東京で発毛の施術が受けられる施設にはどんな所があるのか解説

東京で発毛に関して治療や改善をするための施術をしてくれる施設は育毛サロンと病院があります。育毛サロンと病院の大きな違いは医師がいるかどうかです。病院は医療機関になるので医師がいますが、育毛サロンに医師はいません。医師の処方箋が必要な治療薬を使ったり治療などは出来ません。病院は男性型脱毛症の治療をしていて血液検査などの検査で薄毛の原因が男性型脱毛症かなどを調べます。主に薬物療法による施術が行なわれていて、フィナステリドやミノキシジルなどの内服薬や外用薬を使って男性型脱毛症の治療をします。内服薬や外用薬は男性型脱毛症の治療だと高い効果が期待できますが、ほかの原因の薄毛の改善や発毛効果はあまり期待できません。治療薬として使うフィナステリドやミノキシジルなどは副作用のリスクもあるので、個人によっては治療内容が合わないこともあります。

東京の発毛治療育毛サロンの施術内容や特徴について

東京の病院での治療だと発毛が目的ですが、育毛サロンは名前のとおり育毛が目的です。育毛と発毛は良く似ていますが実は意味は違っていて、育毛サロンは髪の毛を生やすことより育てることに重点を置いています。主に頭皮へのマッサージやエステなど頭皮の環境を正常な状態に整えます。ほかにも頭皮の健康状態を維持するための生活習慣や頭皮ケアのアドバイスなどもあって、使う育毛剤は医師の処方箋が不要なものを使います。病院で処方される薬よりも副作用のリスクも低いので安全性は高いです。男性型脱毛症以外が原因の薄毛改善には効果が期待できます。育毛サロンと病院の施術の違いは医師が必要な治療が出来るかです。男性型脱毛症の治療を主にしている病院と、髪の毛を育てる施術をする育毛サロンでは内容もかなり違います。どちらのほうが良いかは自分の目的や受けたい治療や改善策によって異なります。

東京の育毛治療育毛サロンとクリニック

育毛サロンだと最新の設備で自分では難しいケアを行い、血行促進や老廃物の除去などをしてくれます。頭皮や毛髪が良い環境で育毛剤を加えることで抜け毛予防や、現状維持異常の効果も期待できます。育毛剤も頭皮や毛髪に悪い影響が出る香料や紫外線吸収剤が入っていると逆効果ですから、育毛剤も無添加で無香料な安心して使えるものが良いです。育毛サロンは自分では難しい頭皮や毛髪のケアをしてもらえて、頭皮や毛髪がどのような状態かを分析してよい状態にしてくれます。ただ皮膚科やクリニックと違い治療ではないので薄毛を感じたり、抜け毛の悩みが出たときは自分にあった方法を施してくれるところを選んだほうが良いです。どちらを選択すべきか髪の状態や原因、目的などによっても違いますが、住んでいる地域や仕事などライフスタイルなども影響してきます。育毛サロン、病院どちらに通うときも、一度はカウンセリングなどを受けてみて内容や施術内容などを確認し相談してみるのが一番です。