東京で発毛の施術を受けるのにかかる大まかな費用や日数の解説

東京で発毛の治療をする場合、専門のクリニックや一般の皮膚科などがあります。とくにAGAの治療で専門のクリニックに通っていって期間通うときには、よく使われるのがプロペシアという治療薬です。プロペシアを継続的に服用することで発毛効果を実感できますがそれには費用がかかってきます。発毛に関しての治療は保険が適用されず自己負担になるためかなり高くなります。プロペシアを使った治療だと1ヶ月10,000円から15,000円ほどがかかってきます。1錠250円なので1ヶ月だと7500円ほどですが、これ以外にも診察料や初診料、検査費用などもかかってきます。また、専門のクリニックだと自由診療になるのでクリニックによって料金も異なってきます。治療薬もプロペシアではなくて、ジェネリック薬品だと費用も安くなります。本格的に通う前に費用に関しても最初に調べておいたほうが安心です。

東京での発毛AGA治療にかかる費用とは

AGAは治療でも改善することが知られるようになってきています。DHTが原因といわれていて、毛の元でもある毛母細胞内の男性ホルモン受容体にDHTが結合するとヘアサイクルが乱れてしまいます。すると本当なら強くて太く成長するはずだった毛も抜けてしまったりして、成長不良の抜け毛増えて薄毛が進んでAGAになります。AGA治療の専門クリニックや一般の皮膚科などはプロペシアを使います。主な成分であるフィナステリドがDHTを抑える働きがあるので進行を止めて発毛を促します。ただ効果を持続するには継続して飲む必要があり治療に関しては保険も適用されません。全額自己負担になるのでかなりの金額になります。しかも一般の皮膚科と専門のクリニックでは料金も異なってきます。薬代だけでも7000円ぐらいかかり、さらに問診や検査などもあるのでその費用もかかります。専門のクリニックだと1ヶ月で1万円から3万円、皮膚科だと7000円から1万円ぐらいです。

東京での発毛AGA治療にかかる日数

男性ホルモン型脱毛症であるAGAは、主に20代から50代の成人男性に多い進行性の脱毛症で、何もしないままだと髪の毛がどんどん少なくなってしまい薄毛の範囲が目立ってくるので早めに治療をしたほうがよいです。何が原因なのかを突き止めるためにもカウンセリングを受けてからそれにあった適切な治療を受けられます。自由診療なので全額自己負担になり、治療費や薬代なども医療機関が自由に設定可能なので病院によって費用が異なります。治療ではフィナステリドやミノキシジルなどの内服薬や外用薬が処方されますが、専門のクリニックだとミノキシジルや各種成長因子を直に頭皮に注入する方法などもあります。効果の出方には個人差があり早い人だと治療を始めて1ヶ月程度で実感する人もいます。一般的な治療にかかる日数は半年程度といわれています。効果を実感したあとも継続して治療を続けることで発毛した毛を保つことが出来ます。